古民家の利点を活かした空き家対策

古民家の利点を活かした空き家対策

空き家になってしまっている古民家には、魅力がつまっています。しかし、その魅力が見落とされて、空き家は1つの社会問題になっています。人口減少や高齢化社会によって、空き家は増加し、朽ち果てるのを待っているかのような空き家は全国にたくさんあります。

空き家は社会問題になっていますが、対処することができます。空き家のなかには、伝統的な建築方式で建てられた家や、広く開放的で手を少し加えれば心地よい住処になる家があり、空き家という問題ではなく、古民家として再生し後世へ残すことができるのです。

空き家の現実

空き家の現実

古い空き家には、伝統的な建築工法が用いられているため、保存や修繕には専門的な技術や知識が必要です。そのため、手を加えれば素敵な古民家に生まれ変わるような家が放置されている現実があります。

空き家を再生する

伝統的な建築工法が用いられているため、建築工法に関する知識を持つ人や、実際に修繕できる腕を持っている職人が減少しているという問題があります。しかし、現代の技術でいちから建てることが不可能でも、修繕して住めるなら大変魅力的な古民家として再生します。

歴史的・文化的価値

伝統的な建築工法で建てられた古民家には、歴史的・文化的価値があります。そのため、外国人観光客が日本の伝統に触れるために古民家を訪れるというケースも増加しています。

保存された歴史的・文化的価値のある古民家を地域活性化のために地域で管理している自治体もあります。また、田舎暮らしへ移住する人のなかには、価値のある古民家を蘇らせて住んで維持していくという選択をする人もいます。

古民家再生の魅力

古民家再生の魅力

空き家の状態のままでは、何の価値のない朽ち果てるだけのものかもしれませんが、職人が手をかけて再生すればまた生まれ変わります。古民家には、現代の技術では表現できない趣があります。

解放感も魅力のひとつ

古民家は、広く開放的な空間という魅力もあります。現代の一般的な家と異なり、ふすまで仕切られていて、仕切りを外せば1つの広い空間が広がります。天井を取り払えば、太い梁があり、天窓から光が降り注ぐようなつくりの家もあります。

空き家が息を吹き返す

空き家が古民家へとなり息を吹き返す

空き家をそのまま放置していれば朽ち果てていきますが、古民家へと再生するなら伝統を継承し、外国人にとっても日本人にとっても歴史や文化を学べる建造物になります。古民家を活用して過疎化している地域への人の流入も見込めます。